MENU

変わらないというチカラ

”あたりまえ”から飛び出せる専門家をめざして

中部学院大学

各務原市那加甥田30-1

PROFILE

中部学院大学教育学部の学生2名(田中杏佳・廣海早紀)と教員2名(八桁健・水野友有)の障害がある人のアートに惹かれた有志4名で構成されたボーダレスアート研究チーム。田中・廣海は、保育者を目指している大学生、八桁は美術教育、水野は発達心理学を専門とする研究者である。2019年より活動を始め、大学生・大学人として障害がある人たちやアートと“まじわり”、それぞれの立場や視点から子どもの表現や自分自身の表現について考えている。

PROJECT

WEB https://josworld.official.ec/
本プロジェクトでは、障害があるアーティストJo(荻下 丈)さんと、大学生・大学人との関わりを軸にした研究活動である。
田中と廣海(現在大学3年生)は、約1年半前にJoさんと出会い、彼の作品を地域の人たちに知ってもらうことを目的に、「Jo’s World」のプロデュース活動をおこなってきた。この活動をフィールドワーク研究と位置づけ、現在も卒業研究として取り組んでいる。
また、八桁と水野は、教育や学生の研究指導と並行して、日本におけるインクルーシブ保育・教育を実現するために、造形表現活動を軸にして過ごしてきたアーティストのライフストーリーに着目した共同研究を進めている。
大学生や大学人が障害のある人たちや彼らのアートと出会い、まじわることで、社会における“あたりまえ”を疑い、自分の価値観を揺さぶりながら、子どもたちの未来を考える活動である。

プロジェクト一覧

展示会TOPへ
閉じる

あなたの感じたことを
色であらわそう