MENU

変わらないというチカラ

福祉の技術プロジェクト

情報科学芸術大学院大学[IAMAS]

大垣市加賀野4-1-7

PROFILE

情報科学芸術大学院大学[IAMAS]は、科学的知性と芸術的感性の融合を目指した学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめ、未来社会の新しいあり方を創造的に開拓する“高度な表現者”を養成するとともに、学術文化の向上及び地域の振興に寄与することを目的に、岐阜県が2001年に開学した大学院大学(大学院のみの大学)です。卒業後は、メディア・文化・芸術・デザイン・産業・研究・教育といった広汎な分野の第一線で活躍しています。
WEB https://www.iamas.ac.jp/

PROJECT

現代社会に生きる我々はライフスタイルのみならず価値観なども多様化しています。そうした現代に生きる中で時折感じる課題や不具合を技術で解決し、新しい生き方を提案し、希望に満ちた未来を目指します。本プロジェクトでは、障がい者福祉などに代表される「狭義の福祉」に限定することなく、幅広いテーマを取り扱います。
今回は以下3点を紹介します。
一つ目は、視覚障がい者向け、音楽教材「音符カードプレーヤー」(2019)です。
二つ目は、車椅子で生活する児童向け、手漕ぎ車椅子「OpenHandCycle」(2019)です。
三つ目は、オンラインで福祉について相談・雑談などをする「ワイド福祉の技術プロジェクト」(2020)です。
メンバー:
山田晃嗣(教員)、小林孝浩(教員)、篠田幸雄(プロジェクト研究補助員)、湯澤大樹(プロジェクト研究補助員)
本学では、社会実践の場としてプロジェクトという授業があり、当プロジェクトもその一つです。

プロジェクト一覧

展示会TOPへ
閉じる

あなたの感じたことを
色であらわそう